目覚まし時計は仕事の必須アイテム!必ず使おう!

目覚まし時計は仕事の必須アイテム!上手な使い方って?

結婚して退職するまでの14年間、海外旅行専門の添乗員として働いていた私にとって、仕事の必須アイテムの一つが目覚まし時計でした。

ほとんどの仕事の方が毎朝目覚まし時計のお世話になって目覚めているとは思いますが、私たち添乗員にとってより大きな意味を持つのが目覚まし時計だったのです。団体ツアーの場合は、ホテルのモーニングコールは添乗員が設定してホテルに依頼します。例えば一日観光に出発するだけ、つまりチェックアウトがない日だとすると、たいてい観光に出発するのは朝の9時頃で、朝食はホテルによって7時から開いていますので、ご自由にという所もあれば、団体さんは一緒にまとまって食べて下さいという所もあります。すると逆算して7時半くらいに一応モーニングコールが入ります、とお客様に案内するわけです。

そして私は自分の目覚ましを7時15分にセット、先に起きてホテルからのモーニングコールが入るかを確認します。大型ホテルだと自動音声、セットされていますが、ヨーロッパの田舎のホテルなどになるとフロントの人が各部屋に電話する場合も多々あります。これがかなりの確率で時間が間違っていたり、忘れられていたり。そこで自分にかかってこない場合は、私がお客様の各部屋にモーニングコールをかけまくるわけです。

厚生労働省のホームページでも睡眠については大切だと注意転記がなされています。

参考記事⇒健康づくりのための睡眠指針2014

忙しいツアーになると、出発が7時、その前にスーツケースを部屋の前に出してホテルの人が回収、などになるとモーニングコールは5時という場合も。その時も必ず事前に起きてモーニングコールが入るかをチェックする、というのが朝一の仕事になっていました。寝坊するわけにはいかないので、持参する目覚ましはたいてい2個。そして携帯の3個体制でセットするのですが、気を付けないといけないのは時差でした。

アメリカなどは移動する度に時差が生じるので、お客様自身が持参している目覚ましもその都度時間を変えないといけません。うっかりそのままにしていて、早く目覚めるには良いにしてもその逆だったら大変です。添乗中は常に時間管理をしているので、休みの日の楽しみと言えば、目覚まし時計をかけずに好きな時に起きる事、につきました。光目覚まし時計を使えばそんな心配もなくなります。

詳しくは当サイト、光目覚まし時計ランキング【決定版】起床のプロが選ぶおすすめ光目覚ましで解説しています。

元添乗員同士で話すと良くある話は、退職した後でも目覚ましが鳴らなくて遅刻してお客様に謝っている夢を見る、という事。退職して10年近く経ちましたが、実は今でも枕元には当時の目覚まし時計が置いてあります。息子の学校の為に早起きが続いていますが、懐かしいピピっという電子音を聞くにつけ、大変だったけど楽しかった添乗員時代の事を思い出したりしています。

姉と目覚まし時計との戦い~目覚まし時計で起きれない人の対策

姉と目覚まし時計の思い出

私自身、寝起きは悪い方ではありません。むしろ、バイトの日は目覚ましが鳴る前に目を覚ましてしまう質です。
しかし、同居していた姉(部屋は別です)が目覚めが本当に悪く朝日が降り注いでも、目覚ましが鳴り響いてもいつもギリギリまで寝ていました。住んでいた部屋は東向きで、朝の弱い姉の部屋に朝日がしっかり入ると言う事が気に入って借りた部屋でもありました。当時、私は早朝からのバイトを週4日ほどしており、姉より早く起きて出かけてしまう事が多い生活でした。

困ったのが、バイトが休みの日です。姉は土日休み、私は平日休みだったので、私が休みの日は姉は出勤だったのです。姉が使っている目覚ましはかなりの大音量のもので、私にとって早朝バイトが休みでぐっすりと眠っていられる休みの日にジリリリリリと鳴り響くのです。私は翌日バイトが休みとなれば、その前日はお酒を飲んで夜更かしをし、昼近くまで眠っていたいと思っていましたがそれは叶えられないものでした。

朝になると大音量で目覚まし時計が鳴り響きます。お酒を飲んでぐっすりと眠っていた私がびっくりして目を覚ますくらいの大音量です。しかし、姉の起きた気配はありません。しばらくすると目覚まし時計の音は消え、また私はうとうととまどろんでいきます。そしてしばらくするとスヌーズ機能が働いているのか大音量で目覚まし時計が鳴り響くのです。

それを数回繰り返しても姉は起きる気配がありません。私はもう眠るどころではなくなり、起きてリビングへと向かいます。姉はハードワークで、帰りも遅く、できる事なら寝ていてもいいギリギリまで寝かしてあげたいとは思ってはいましたが、私が休みのたびに目覚まし時計で起こされるのにはたまったものではありませんでした。そして、いつも姉は時間に追われるように出勤していくのです。

光目覚まし時計で姉はやっと起きられるようになりました。

現在、その姉も結婚し子供もでき、別々に暮らしています。あの目覚まし時計を今でも使っているのだろうかと思い、姉に「朝起きるのどうしてるの?」と聞くと「私が目覚ましをかけても起きないし、その音で子供が早く起きちゃうから、旦那に起こしてもらっている。」との事でした。現在の姉の住んでいる部屋は西向きで、朝日の助けも借りれません。あの寝起きの悪い姉を、毎朝毎朝起こす旦那さんの苦労がしのばれます。姉は子供の世話もあるので、私と同居していた頃より早起きをしなくてはなりません。それにしても、旦那さんはあの姉を目覚まし時計も使わずどうやって起こしているのでしょう。その術を知りたいものです。

姉でも起きることができた光目覚まし時計おすすめです!

参考記事⇒光目覚まし時計のすべて

間違った止め方をしたために、鳴らなくなった目覚まし時計

目覚まし時計は大切に使おう!

以前、使っていた目覚まし時計を、ダメにしてしまったことがあります。
一時期、携帯(ガラケー)の目覚まし時計で起きていたことがあるのですが、その音ではなかなか起きれなかったため、大きな音の鳴る目覚まし時計を、新しく新調しました。どのタイプの目覚まし時計にしようか迷ったのですが、ただ大きい音が鳴るタイプのものだと、本当にうるさかったので、鐘の音のなる目覚まし時計に決めました。
いざ使い始めると、本当にビックリするくらい音がなりますので、飛び起きる状態で起きていました。でも、例えるならば、心臓がドキッとするくらい驚く音でしたので、そのうち、止める前に、鐘をリンリン鳴らしている、真ん中の棒を手で押さえて起きるようになってしまいました。

目覚まし時計の正しい止め方としては、裏にあるスイッチをoffにすることなのですが、もう朝の朦朧としている中で、目覚まし時計の大きな音を止めるのは、本当に難しく、簡単に止められる方法で、止めてしまっていました。
初めのうちは、何も問題なかったですので、その止め方を続けていたのですが、そのうちに鐘の音がハッキリ聞こえなくなり、段々、音自体鳴らなくなってしまいました。

光目覚まし時計が効果的と言われていますが、まだ買えていない方はしっかりとその効果を知ってから光目覚まし時計を試すのが良いでしょう。

詳しくは光目覚まし時計の口コミで紹介しています。

原因は、そのずっと続けていた止め方のようでした。グッと棒を押さえていたので、変な形に曲がってしまい、うまく鐘を付けない状態になってしまったのです。ああシマッタ…と思い、その棒を真っ直ぐに手で直してみたのですが、それでも音がなることはありませんでした。

もともと物持ちが良く、モノを長く使うタイプなのですが、この目覚まし時計の間違った使い方には、恥ずかしながら、気付くことが出来ませんでした。
とても気に入って使っていたものでしたので、本当に残念でした。

目覚ましの音が鳴らなくなっただけで、時計の方はしっかりと正しく動いていますので、今でも時間を見るために、お部屋に置いてあります。
目覚まし時計の方も、スマホ(の時計)に変えてから起きれるようになりましたので、また新しく新調することもありませんでしたので、良かったです。

でも、落ち着いて考えてみると、私と同じように、簡単だからと間違った止め方をしている方も、中にはいるのではないかなと思いました。

目覚まし時計は毎日使うもので、言うなれば、自転車や傘と同じくらい必須アイテムのような気がします。使えなくなった時は、本当に残念…悔しい…という気持ちになりますので、出来るだけ長く愛用するためにも、止める時は、きちんと裏のスイッチをoffすることが大切だと思いました。

どうしても1回で起きることが出来ない人は目覚まし時計を変えよう!

どうしても1回で起きられない人には目覚まし時計の変更がおすすめ!

私は昔から朝寝坊が多い人で、特に実家にいる時はいつもギリギリまで起きられないタイプの人でした。
社会人になってもどうしてもギリギリまで寝てしまう人で、慌てて家を飛び出して会社に行くことが多かったです。
結婚した今でもやっぱり早起きというのは苦手なのは変わらないのですが、やっぱり自分に子供が出来るとそうも言ってられません。

自分が寝坊してしまうと子供たちの生活にもろに影響が出てしまうので、きちんと早起き出来てるかといえばそうじゃないかもしれませんが、なんとか頑張ってみんなより早く起きるようにしています。
そんな私ですが、今ではスマホの目覚まし時計の機能を使って、早めに起きています。

光目覚まし時計も使いましたが本当はそちらのほうが良かったです。

参考記事⇒光目覚まし時計公式

しかし1回の目覚まし時計ではやっぱり起きることが出来ずに、1日あたりに3回は目覚まし時計を鳴らしています。
1度目覚まし時計を鳴らして「そろそろ起きる時間だよ」ということで自分の体に起きることを教え、いったん眠りを浅くします。

そこから2回目、3回目と目覚まし時計を鳴らすことで、睡眠を浅くしていき、最後やっと起きているんです。
1日に3回も鳴らさないと起きられないなんてちょっと自分でも情けないような気がしますが、これでやっと毎朝のスタートが出来るので、この方法で朝は起きています。

まだ結婚する前には目覚まし時計を使用していましたが、やっぱり二度寝、三度寝としてしまうことが多く、未だにその習慣が抜け切れていません。
しかし以前に比べると早く起きないとという自覚が出てきましたし、未だに家を出る前などはどうしてもバタバタしてしまうことが多いですが、これでもだいぶ良くなったほうです。

目覚まし時計のセットをし忘れた時は大変です。
なんとなく自分にも体内時計というのがあるみたいで、いつも起きる時間になると目が覚めることもあるのですが、やっぱり時間ギリギリで目が覚めてしまうことが多いので、起きた瞬間にすごくバタバタしてしまいます。

なのでいつも起きる時間よりも早めに目覚ましを何回かセットしておくことで、私の場合はちょうど良い時間に起きることが出来ます。
最近のスマホは目覚まし時計のセットが何通りを設定できるので、すごく便利な機能だなと思い、フル活用しています。

参考記事⇒目覚まし時計wiki

携帯電話やスマホが普及したことで、よく考えたら純粋な目覚まし時計というのを最近は使わなくなったな、と思いました。
純粋な目覚まし時計を使っていたのは、今から何十年前のことになります。

私の主人もスマホの目覚まし時計機能で起きているので、我が家には目覚まし時計というものがないな、と最近感じました。