どうしても1回で起きることが出来ない人は目覚まし時計を変えよう!

どうしても1回で起きられない人には目覚まし時計の変更がおすすめ!

私は昔から朝寝坊が多い人で、特に実家にいる時はいつもギリギリまで起きられないタイプの人でした。
社会人になってもどうしてもギリギリまで寝てしまう人で、慌てて家を飛び出して会社に行くことが多かったです。
結婚した今でもやっぱり早起きというのは苦手なのは変わらないのですが、やっぱり自分に子供が出来るとそうも言ってられません。

自分が寝坊してしまうと子供たちの生活にもろに影響が出てしまうので、きちんと早起き出来てるかといえばそうじゃないかもしれませんが、なんとか頑張ってみんなより早く起きるようにしています。
そんな私ですが、今ではスマホの目覚まし時計の機能を使って、早めに起きています。

光目覚まし時計も使いましたが本当はそちらのほうが良かったです。

参考記事⇒光目覚まし時計公式

しかし1回の目覚まし時計ではやっぱり起きることが出来ずに、1日あたりに3回は目覚まし時計を鳴らしています。
1度目覚まし時計を鳴らして「そろそろ起きる時間だよ」ということで自分の体に起きることを教え、いったん眠りを浅くします。

そこから2回目、3回目と目覚まし時計を鳴らすことで、睡眠を浅くしていき、最後やっと起きているんです。
1日に3回も鳴らさないと起きられないなんてちょっと自分でも情けないような気がしますが、これでやっと毎朝のスタートが出来るので、この方法で朝は起きています。

まだ結婚する前には目覚まし時計を使用していましたが、やっぱり二度寝、三度寝としてしまうことが多く、未だにその習慣が抜け切れていません。
しかし以前に比べると早く起きないとという自覚が出てきましたし、未だに家を出る前などはどうしてもバタバタしてしまうことが多いですが、これでもだいぶ良くなったほうです。

目覚まし時計のセットをし忘れた時は大変です。
なんとなく自分にも体内時計というのがあるみたいで、いつも起きる時間になると目が覚めることもあるのですが、やっぱり時間ギリギリで目が覚めてしまうことが多いので、起きた瞬間にすごくバタバタしてしまいます。

なのでいつも起きる時間よりも早めに目覚ましを何回かセットしておくことで、私の場合はちょうど良い時間に起きることが出来ます。
最近のスマホは目覚まし時計のセットが何通りを設定できるので、すごく便利な機能だなと思い、フル活用しています。

参考記事⇒目覚まし時計wiki

携帯電話やスマホが普及したことで、よく考えたら純粋な目覚まし時計というのを最近は使わなくなったな、と思いました。
純粋な目覚まし時計を使っていたのは、今から何十年前のことになります。

私の主人もスマホの目覚まし時計機能で起きているので、我が家には目覚まし時計というものがないな、と最近感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です